2012年05月19日

梅ちゃん先生第42話 私、結婚するの

またまた、松岡が梅子のもとへやって来ました。
本当は、弥生は伊東の事が好きだったという梅子。
反省する松岡。

みかみのおばさん、康子(岩崎ひろみ)からふたりに
映画のチケット。

ふたりで映画館に向かいます。
上映しているのは、「愛の抱擁」と「暗闇の銃撃」でした。
同時上映です。

当然、松岡と梅子は「愛の抱擁」を観るのだと思わせましたが
松岡は「暗闇の銃撃」の方に向かいます。

「だから女心がわかんないのよ!」

ひとりで映画館に入ることに。

するとニューオーリンズの支配人ことKONTAがやってきて
あかねを探していると言います。

出番が近いのにあかねがいない。

梅子も探しに行きました。
すると、勇造おじさんの近くで発見。
そこへ偶然にも竹夫と勇造もやって来ました。

「私、結婚するの」

ニューオーリンズを買い取った中島という男と結婚するらしいです。

竹夫 「おめでとう・・・」

勇造 「中島のやつめ」

雨の中、濡れながら薄いグリーンのブラウスのまま歩くあかね。

竹夫は下村家にいました。

建造 「何しにきた」

竹夫 「馬鹿な真似は辞めてください。
    ヤミ米を食べないなんて馬鹿げている
    体を壊して患者を見られなくなったらどうするんですか」

建造 「理屈を言うな」

竹夫 「理屈もへったくれもあるかー」

竹夫はあかねの結婚話もあって、気持ちが荒れているんでしょうね。

下村家の夕食。

事情を知らないのは松子(ミムラ)だけ。

建造がヤミの食べ物に箸をつけました。
ご飯もモリモリ食べました。

いつもより大盛りのご飯でした。

うち、通販で米を買ってます。
九州のお米です。


ドラマのヤミ米は茶色いですけど、胚芽米みたいなもの?

下村家の断食騒動もおさまりましたけど、今週のテーマは
恋のからさわぎ、だったはず。

やれやれ。お騒がせの建造ですが、父の威厳が少しずつ無くなって来たような・・・・

さて、来週の予告ですが、びっくりしたのは
ミムラが髪を伸ばした事。伸ばしたとうより下ろしたのかな。
でもパーマがかかってましたよね。

真田はどうなるんでしょうね。
そして、竹夫は勇造のもとを飛び出すというストーリーのようです。

下村家、材料は竹夫が持ってきますが料理が上手ですね。




プロが動画で教える本格料理上達法

posted by ホリケン at 08:18| Comment(0) | 梅子と家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
FXプライムのメール配信サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。