2012年04月04日

進駐軍がやってきた!どうする堀北真希!●第3話●



梅子こと堀北真希はすることがないので畑を作ってます。肥料は人糞、つまり肥溜めからすくって畑にまいてます。

そんな時、あの賽銭泥棒の孤児のヒロシ(細田龍之介)が隣の安岡家つまり鶴太郎の家を襲ったらしいです。

信郎(松坂桃李)がとっつかまえますが、梅子はなぜ可哀そうと思い、母に頼んで許してもらいます。

せっかくふかし芋を出しても食べず、家族旅行の記念の大事な皿を割って飛び出してしまいました。

それでも下村家の母芳子(南果歩)と祖母の正枝(倍賞美津子)は、かわいそうにねえ、親がいないんだねえと不憫に思います。

9月になるとアメリカ軍が日本にやって来ました。進駐軍上陸です。

ジープに乗った二人組が鎌田にもやって来ました。住民たちは恐る恐る物陰から見ています。

するとチョコレートを取り出した米兵に子供が群がり始めました。
その中にはヒロシの姿も。
他の子がチョコレートのかけらをもらうのに、ヒロシは板チョコをまるごと奪って逃げました。

気になる梅子はヒロシを追います。
するとボロボロの家で暮らしていることがわかりました。

ずっと泥棒をやっていくつもり?

魚でも取って食って行ければ別だけどな

そういうヒロシ。

梅子は思い立って、ザルをもって川に入り、小魚を取リ始めました。

信郎には笑われ、ヒロシにも目撃されてしまいました。

信郎から梅子の家に軍服姿の人が来てたと聞くと、きっと姉の松子のいいなづけの智司だと思い込んでしまいます。

裁縫教室にいっている松子を連れて自宅に戻るとそこには軍服姿の男が立っていました。
posted by ホリケン at 07:59| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

梅ちゃんは賽銭泥棒に出会う、運命の出会い、視聴率好調●第2話●

朝ドラ第2話の梅ちゃん先生。

玉音放送で戦争が終わり、鶴太郎こと安岡幸吉が酒を飲んでなげやりになってますね。

さて、ヒロインの梅子をとりまく下村家の人々についておさらいです。
下村梅子こと堀北真希は下村家の次女ですが、3人兄弟の一番下なんです。

松竹梅の梅。最後の梅というネーミングにコンプレックスを抱く梅子。

この下村家の家長が下村建造こと高橋克実さん。
この建造は実は養子なんです。でも医者。
大学の医学部の教授なんですね、これが。

子供たちに厳しい演技ですが、慣れるまでちょっと違和感が・・・?

下村家の母は下村芳子こと南果歩さんです。
戦中戦後のお母さんとして下村家の柱ですね。

下村梅子ことミムラ。長女です。才色兼備が売りなんですが、いいなずけ(許嫁)は医師ながら戦地へ。終戦後、無事を祈る健気さが、智司が戦死したとい知らせを聞くシーンが見所かも。かわいそうですけどね。

梅子の兄こと竹夫は小出恵介。
医大に通う学生ですが、小出恵介さんはドラマ「仁」の橘恭太郎役のイメージが色濃く残りますね。

男だけあって建造こと高橋克実とぶつかるシーンもちらほら。

梅子には祖母がいます。
下村正枝こと倍賞美津子さん。
母の南果歩と組んで、梅子のバックアップをする役目らしいです。

父建造には弟がいますがまだ登場していませんね。
立花陽造こと鶴見辰吾さん。
ゆくゆく竹夫と組んでトラブルを巻き起こすらしいdすね。


下村家の隣の安岡家も紹介。
この家の家長は安岡幸吉こと片岡鶴太郎さん。
ちょっとガリガリに痩せてますが、終戦後の役作りかなあ。
旋盤工場をやっていたという設定。
息子が梅子と幼なじみです。

多分ひとり息子の安岡信郎こと松坂桃李さん。
これが将来有望なんですね。
梅子の同級生なんですが、戦後の荒地でもめげずに明日への希望を掘り起こすというナイスガイ。

日焼けからススケからたくましい身体が魅力。


信郎の母安岡和子こと大島蓉子さん。
だんなの幸吉こと片岡鶴太郎の行動を心配しながらも、梅子の相談役としていい脇役。

そして語りは林家正蔵師匠です。

語りは今回の梅ちゃん先生が初挑戦とのことですが、回を追うごとに馴染んでくるのでしょうね。

さて、今日の4月3日は梅ちゃん先生の第2回でした。


終戦後、あらぬ噂があるなかで、梅子は姉の松子のいいなづけの無事を祈ります。

梅子は誰からみても松竹梅の梅というイメージでしたが、松子のいいなづけこと婚約者の吉岡智司(成宮寛貴)の無事を祈ります。

焼け野原の神社で祈って、賽銭を賽銭箱にほうりますが、姉の松子が配給に行った時、梅子は賽銭泥棒を見つけます。

その男の子はガリガリに痩せてすすけて真っ黒です。
ナレーションでは梅子の人生を変える子という設定らしいです。

梅子が一生懸命祈ったのは、松子のいいなづけの吉岡智司こと成宮寛貴にほめられた記憶があるからdす。

梅子という名前は気に入らないという言葉を聞いて、梅子はいい名前だという智司。

それは、春一番に花を咲かせるのが梅だからだという理由でした。

梅子はその言葉が今でも忘れられません。

その智司の無事を祈る背景には松子のいいなづけとして無事でいて欲しいという理由ほ他に、自分を認めてくれた智司にまた、会いたいという気持ちですね。

成宮寛貴のDVDには水嶋ヒロ、上地雄輔も出ていますよ。

posted by ホリケン at 23:09| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXプライムのメール配信サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。