2012年05月09日

梅ちゃん先生第33話 ドアノブを開けるとそこは

梅子がドアノブに手をかけて開けようとすると・・・・

オチを期待していたんですけど、そういう事だったんですね。

解剖の先生の柴田先生こと田中要次さん、
キャラに合わないウンチク。
建造父さんみたいですね。

やっぱり、こういうノリじゃないと。



話はダンスパーティーにどんどん進んで行きますが、雪子は得意でも梅子は苦手。
本を読んだくらいで覚えるもんでしょうかね。

松子ことミムラ姉さんのスーツがとても似あっていていいなあと思いますけど
戦後にもあんなスーツってあったんですね。


タグ:ダンス
posted by ホリケン at 18:31| Comment(0) | 梅子の事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

梅ちゃん先生第30話ドイツ語の追試より気になる典子の縁談


梅子こと堀北真希は、勉強そっちのけで友達の事を心配ばかり
しています。

今回は、典子こと瀬川典子(西原亜希)の縁談が気になって
しょうがありません。

いつまでも待ってくれるという相手が良い人過ぎて踏み切れない。
そんな典子の悩みと、姉の松子(ミムラ)の婚約者こと吉岡智司が
戦死して、松子がけなげに働いている姿がだぶるのかも知れませんね。

ドイツ語の先生は扇田先生、大和田伸也さんです。

大和田伸也/犬神の悪霊

大和田伸也/犬神の悪霊
価格:4,725円(税込、送料別)




追試を受ける人ってけっこういたんですね。
梅子は、試験中も気になって窓の外を見ていると、典子の縁談相手が
汽車で旅立つ様子を見て、試験会場から飛び出してしまいました。

典子の相手は田舎に帰って見合いをするというので、気が気でならないのです。

扇田先生が止めるのも聞かずに、典子に考え直すように言う梅子。

典子は試験を捨ててまで自分の事を考えてくれる梅子に感謝します。

でも、ドイツ語はビーコンどころか、退学だと扇田先生に言われてしまいました。

雪子(黒川智花)が中心になって扇田先生に、再々試験のトライコンを
お願いします。

よい友だちを持ったなあという扇田先生。

梅子はなんとか、トライコンに合格したようです。

人を助けることが出来なければ医師になれない!

そう力説する梅子の前で、園田江美こと白鳥久美子が秋田のハナちゃんの
写真を見せました。

やっぱり・・・・・牛でした。

顔を見たらみるみる元気になったとか、子供がいるとかいうので
なんとなくとは思っていたんですけどね。

ハナちゃんのためにコーラ作りをした梅子の夏休みだったという事ですね。


posted by ホリケン at 08:00| Comment(0) | 梅子の事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

梅ちゃん先生第28話 梅子はビーコン

試験が終わって朝寝をしている梅子です。

学校に行くと、壁に張り紙が・・・・

梅子はビーコンになってしまいました。


下記の者は点数が基準に達しなかったため再試験!

英語・・・下村梅子

ドイツ語・・・下村梅子

科学・・・下村梅子

数学・・・・

なんと、4科目もビーコンになっていまいました。

再試験→ビーコン

もう一度おいでというドイツ語


ヴィダー コメン
wieder kommen






再々試験→トリコン

再々々試験→テトラコン


九代目の林家正蔵師匠が説明してくれました。







落第すると退学になることを知らなかった梅子。

いつものように、しっかり者の弥生(徳永えり)が説明します。
医専は今年で終わりなんだそうです。

ひとり一科目を担当して、5班の名誉にかけて落第させないように
しようという仲間たち。

このビーコンが建造(高橋克実)にもバレてしまいます。

コーラばかり作っているからだ!

建造は梅子をそそのかした陽造(鶴見辰吾)を訪ねます。

兄弟で話し合いを始めますが、裕福な家に養子にいった兄の事を
恨んでいるのだろうとケチをつけました。

陽造は、ここに竹夫や梅子が来るのは家でしかめっ面をしている兄貴の
せいで居心地が悪いからじゃないのかと、やり返します。

ビールを飲みながら話す陽造、呆れて帰る建造。
言い過ぎたかなと思う陽造でした。


さて、松子(ミムラ)の恋バナも進展しているようです。

真田(平岳大 ひらたけひろ)が、顔にアザを作っていました。
松子が聞くと、酔っぱらいとケンカしたそうです。

戦争に負けたのは軍人がだらしないせいだという客とケンカして
松子が入った言葉

戦争で死んだ人に顔向け出来るか

を思い出したそうです。

松子は、喧嘩しろとは行ってませんといいながら妙な顔です。


いつものように学校帰りに陽造の家を訪ねる梅子。
そこには竹夫と山倉が楽しそうに話していました。

雪子が気になる山倉。

今度は雪子????

陽造が帰って来ました。

ここで勉強してっていいかと聞くと、陽造は帰れと言います。

梅子は自分の家族が好きなんじゃないのか、ここにいたら家族は
どう思う?

わかった、帰るね。

すなおな梅子は帰って勉強していました。
建造が帰って来ました。

おかえり

ああ

建造にドイツ語のシュッツェンってどういう意味かと聞きます。

守るという意味だ、それくらい辞書で引きなさい。

変な奴だ・・・


梅子にプレゼントしたいですね




梅子先生、大丈夫?
posted by ホリケン at 08:39| Comment(0) | 梅子の事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXプライムのメール配信サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。