2012年04月28日

幸吉(鶴太郎)のど自慢で歌った曲は?●梅ちゃん先生第24話●

いよいよのど自慢歌合戦が始まります。
下村家には安岡幸吉の女房の和子(大島蓉子)も来て、ちゃぶ台の
ラジオの前で今か今かと待っています。

肝心の信郎(松坂桃李)は、親父が諦め節を歌う事が聞きたくないので、近くの煙突の上で寝転んでいます。

「聞かなきゃダメよ」

梅子は積極的になりましたね。いつの間にか。

幸吉の順番が回ってきました。

緊張する幸吉。歌う曲はやっぱり諦め節なのか・・・

幸吉が口にした言葉は

「復興節」

でした。





歌詞が字幕に流れて、鶴太郎が歌う様子を見て泣けましたね。

田舎から来てみた蒲田は焼け野原でなく、屋根が並んでいたとかいう歌詞です。

復興節はいろんな人に歌われています。

>>復興節をいろいろ見てみる「楽天市場」

信郎は見直した様子です。

幸吉は歌い終わると

「信郎!信郎!聞いてるか?」

公共の電波を使って、信郎に訴えますが、係員に抑えられました。

信郎と幸吉の様子を見て、梅子は竹夫と建造にも仲直りして欲しいと思いました。

さっそく、おばあちゃんに相談です。こっそり相談のつもりが松子に見つかってしまいました。

作戦は・・・・

下村家に家族が揃っています。すると急に正枝が苦しみだしました。

「胸が苦しい・・・」

慌てる梅子と松子。

「横になりなさい」

建造は血圧を計ります。

「正常ですね」

「でも胸が苦しい」

「では、明日、病院から薬を持ってきましょう」

苦しがる正枝を見て、建造は急に大きな注射器を出して来ました。





びっくりして飛び上がる正枝。

「仮病ですね」

梅子は事情を説明しました。松子も共犯だと白状しました。

竹夫に会いたいという母さんの芳子のためを思ってやったことと知ると
建造は竹夫に会ってもいいと言いました。

蒲田の闇市。

竹夫の商売もなんとなく順調に見えます。
客のあしらいも上手くなって来ました。

下村家が全員顔をあわせました。

建造はこれから大学に行くと言って背を向けながら

「家に来てもいいぞ。俺がいない時ならな」

建造は許したんですね。

それから竹夫はちょくちょくと家に来るようになりました。

でも、建造がいる時は避けているようです。

長男の竹夫に手を焼く建造です。


さて、次週の予告は・・・・

江美(白鳥久美子)がコーラを飲み干して

「ウメー!!」

梅子、弥生(徳永えり)、雪子(黒川智花)らのコーラ作り作戦が展開されるようですね。

アルバイト?江美を助ける作戦のようです。



出演:堀北真希,高橋克実,南果歩,ミムラ,小出恵介,倍賞美津子,鶴見辰吾,片岡鶴太郎,松坂桃李,大島蓉子,岩崎ひろみ,
posted by ホリケン at 10:06| Comment(0) | 安岡家の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FXプライムのメール配信サービス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。